サラ金と銀行の借り入れの違いは?

サラ金と銀行申し込み方法自体は同じですが、手続きなどでにおいて異なる点がいくつかあるので、事前にそのような違いを把握しておく必要があります。

まず、申し込み額ですが、サラ金は総量規制というものが適用されており、貸し付けることができる金額は年収の3分の1までと法律で定められています。一方銀行はそのような法律はありません。とはいえ、いくらでも借り入れることができるという意味ではありません。

次に、金利ですが、これは各社様々なので明確に分けることはできませんが、総じてサラ金の方が高くなっています。ただし、大手の中には金利ゼロキャンペーンといって、初めて利用する人限定で30日間無利息といったものもあるので、上手く利用すれば支払う金利を抑えることができます。

さらに、提出する書類のうち、所得証明書ですが、サラ金の場合、借り入れ額が50万円超、若しくは、他社の借り入れ額と合算して100万円を超える場合は所得証明書の提出が義務付けられています。50万円に満たない場合には原則として提出の必要はありませんが、場合によっては求められることもあります。一方銀行ですが、こちらはそのような義務付けはなく、概ね100万円以下の場合は不要となっていますが、300万円までは不要としているところもあり、各行の対応次第となります。

最後に審査ですが、若干銀行よりもサラ金の方が緩くはなっていますが、きちんと審査は行われるので、誰でもサラ金審査に通るということではありません。